YG性格検査・型判定

YGPI®(YG性格検査®)の型判定

YGPIでは、プロフィール(折線)が示す形によって、大きく5種類に分類されます。さらに各類において強度順に、典型、準型、混合型に分類することで、15類型の大まかな性格特徴を得ることができます。

A型:

全体的に性格特徴が平均的な状態です。積極的には受検者の性格特徴を見つけにくいタイプですが問題傾向もないと判断できます。

B型:

情緒面に不安定な傾向を持ち、活動的外向的な性格ですが、社会的不適応をおこしやすいタイプです。
環境面などに不利益が発生すると、パーソナリティの不均衡をおこしやすい傾向がありますが、積極的で外向的な面をよい方向に生かすことができれば、リーダーシップを発揮するタイプです。

C型:

いわゆるおとなしい人、消極的な人といわれる性格ですが、情緒的には安定しているタイプです。
非活動的で内向的な面に注目する必要がありますが、確実性・堅実性が高く、経理やライン作業などの内勤業務にむいていると思われます。

D型:

情緒面が安定し、社会的適応がよく、活動的で対人関係もよく、販売・管理職・営業職にむいています。ただし、性格特徴が偏った場合には、社会的適応に欠ける傾向がありますので、注意が必要です。

E型:

情緒面で問題を示す傾向があり、非活動的で内向的なタイプです。環境面や素質面において、何か問題をかかえた場合、自分のカラに閉じこもり、場合によっては、ノイローゼ傾向を示すこともあります。また、技術的あるいは芸術的な才能を発揮することもあり、創作的な仕事で活躍することもあります。