受検者の個人情報に関する取り扱い

YGPI及びスーパークレペリン検査等当社発行の検査を受検される際、回答用紙に氏名や年齢、性別をご記入いただくことをお願いしております。これは、テスト施行者が、回答用紙の整理を行う際に、誰の回答用紙かを識別するためにご記入いただいております。またYGPIにつきましては、年齢や性別によって判定結果を求める判定基準が異なるため、正しい判定結果を得るために、性別及び年齢のご記入をお願いしております。
回答用紙の記入方法につきましては、テスト施行者の説明に従ってください。個人情報のご記入につきましては、受検者の任意です。ただし、ご記入がない場合あるいは記入不備があった場合は、正しく判定結果が得られない等に影響することがあります。

受検者の個人情報につきましては、当社の保有する開示対象個人情報ではありません。当社では、テスト施行者から依頼を受け、回答用紙をお預かりし、判定業務を行いますが、当該個人情報はすべてテスト施行者に帰属します。当該個人情報のご質問ご相談につきましては、テスト施行者にご確認くださいますようお願い申し上げます。

また当社の検査結果の検証及び検査用紙の研究開発等を行う際、回答用紙にご記入いただく個人情報のうち、個人名を特定できない形で、性別や年齢を統計データとして利用することがあります。その場合はあらかじめ検査施行時に、研究利用について受検者の了解を明確に得られる文書を用意し、了解を得られた回答用紙についてのみ、個人名を特定できない形で、性別や年齢を統計データとして利用します。また学術論文等にデータ入手先の団体名を掲載する必要がある場合は、その旨をテスト施行者に文書にて通知し、了解を得られたもののみ団体名を掲載します。

当社では、テスト施行者から依頼を受け、回答用紙をお預かりし、判定業務を行う際、回答用紙にご記入いただく受検者の個人情報を適切に管理するとともに、漏えい、滅失又はき損等の防止のための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、運用しています。個人情報の保護と適切な取り扱いに関して、役員および従業者に対し社内教育を行います。また、利用目的に応じて個人情報の保存期間を別途定め、当該期間経過後はこれを適切な方法で廃棄いたします。ただし利用目的を本人に通知、又は公表することによって本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合、当該事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合、国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるときは、事前の通知無くその目的のため最低限の範囲で個人情報を利用することがあります。当社で取り扱う個人情報につきましては、当社の「個人情報保護方針」に基づくほか、以下のとおり取り扱います。

1. 当社の名称及び連絡先

日本心理テスト研究所株式会社
個人情報保護管理者
〒565-0853 大阪府吹田市春日1-4-28-207
TEL06-6339-2828 FAX06-6339-2800

2. 受検者が回答用紙に記入する個人情報の利用目的

当社は、受検者が回答用紙に記入する個人情報を次の目的のために利用します。
(1)個人判定表及び判定一覧表に氏名を掲載するため。
(2)性別や年齢の違いによる判定基準に照合するため。
(3)検査施行者への問い合わせを適確に行うため。
(4)検査結果の検証や検査用紙の研究開発等を行うため。

3. 受検者が回答用紙に記入する個人情報の保管期間

当社は、テスト施行者の指示があった場合、判定業務を依頼された回答用紙及び判定結果データを次の期間保管します。保管期間が終了次第、適正に廃棄します。保管にあたっては、当社の定める個人情報保護マネジメントシステムに従い、適切に管理します。

保管する個人情報
保管期間
廃棄方法
回答用紙
3ヶ月間
溶解
判定結果の電子データ
60日間
消去

4. 第三者への提供

当社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、お客さまから取得した個人情報を、第三者に提供することはありません。
(1)法令に基づく場合。
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客さま本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客さまの同意を得ることが困難であるとき。
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客さま本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき。

5. 業務の委託

当社は、判定結果をテスト施行者に発送するための宅配業者の利用、回答用紙の溶解処分等、利用目的を達成するために必要な範囲において業務を委託することがあります。委託先を選定する際には、委託先でも個人情報が適切に扱われることを確認し、取り扱いに関する委託契約書を締結し、委託後も定期的に委託先の監査を実施しております。

6. 個人情報の開示等の手続き

テスト施行者の指示により、当社にて保管する受検者の個人情報は、当社が保有する開示対象個人情報ではありません。テスト施行者に帰属する個人情報になります。したがって受検者から直接当社に、当該個人情報の開示等を行うことはできません。当該個人情報のご質問ご相談につきましては、テスト施行者にご確認ください。

7. 個人情報のご記入の任意性

回答用紙への個人情報の記入は受検者の任意です。ただしご記入がない場合又は記入不備があった場合等におきましては、判定結果が誰のものかわからない、正しい判定結果が得られない等に影響することがあります。

8. 苦情・問い合わせ等の受付窓口

個人情報に関する苦情及び問い合わせについては、次の通りです。
大阪府吹田市春日1-4-28-207
日本心理テスト研究所株式会社  個人情報保護管理者
電話06-6339-2828 FAX06-6339-2800
(受付時間 平日9:00-17:00)

9. 認定個人情報保護団体

当社は個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)で定められている「認定個人情報保護団体」に所属しています。当社が所属する団体の名称及び苦情解決のお申し出先は、次の通りです。
認定個人情報保護団体の名称:一般財団法人日本情報経済社会推進協会
苦情解決の連絡先:プライバシーマーク推進本部 個人情報保護苦情相談室
住  所:〒 106-0032 東京都港区六本木 1-9-9 六本木ファーストビル12F
電話番号:03-5860-7565 又は 0120-700-779